エリン、生きのびて、幸せにおなりなさい・・・。

NHK教育テレビで放送中の「獣の奏者エリン」
先週の第7話「母の指笛」は、エリンのお母さんソヨンの死に、ただ涙するしかないお話でした。

リョザ神王国のアケ村で、エリンはお母さんのソヨンと楽しく暮らしていました。アケ村は王国の軍事力の中核を担う戦闘用の獣「闘蛇」を育てている特別な村で、ソヨンはそこで獣ノ医術師をしていました。闘蛇の世話をするソヨンを見て、エリンもお母さんのような獣ノ医術師になりたいと思い、一生懸命にお母さんの手伝いをしていました。

しかしあるとき、闘蛇が原因不明の病で次々と死に、元々異民族「霧の民(アォー・ロゥ)」だったソヨンはその責任を問われ、闘蛇の裁き(闘蛇のいる沼に突き落とされて、闘蛇に食い殺される)という恐ろしい裁きを受けることになってしまいました。

エリンはソヨンを助けようと、お母さんからもらった腕輪と短刀を持って村を抜け出し、闘蛇の沼に入ってソヨンの縄を切り、助けようとしましたが、闘蛇に囲まれてしまいました。
エリンの危機を救うため、ソヨンは指笛で闘蛇を操り、エリンを一匹の闘蛇に乗せて送り出しました。
「生きのびて、幸せになりなさい・・・」「お母さん!お母さん!!」
「私の・・・エリン・・・。」

erin-soyon01cut-800.jpg

「お母さん!お母さん!!」エリンの叫びもむなしく、ソヨンはエリンの目の前で闘蛇たちに襲われ、水しぶきの中に消えていきました・・・。


今日放送された第8話では、川を流されてある養蜂家の家にたどり着いたエリンの物語でした。
エリンが心の傷を乗り越え、立ち直っていくのに一役買ってくれそう・・・ですが、いくらなんでもおなら連発はないでしょう(笑)余韻が・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

獣の奏者エリン #7

あまりに壮絶なソヨンの死に、ただただ涙するしかないお話でした。(;_;)前回の特別EDに続き、今回は特別OPからスタートです。大好きなお母さんを監察官に連れ去られてしまったエリン...

獣の奏者エリン 第7話「母の指笛」

もう見ちゃいられませんでした・°・(ノД`)・°・ これまで自分が見たアニメの中でもかなりきつかったな… 監察官をトーダに食わせたかったよ。 トーダを死なせた罪をかぶったソヨンは トーダの裁き=死刑に。 生きたままトーダのエサに… しかもトーダを興奮...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ開設おめでとうございます!

こんばんは。いつもお世話になります。

ブログ開設おめでとうございます。これからはブログを通しても、よろしくお願いします。

「獣の奏者エリン」、最近のNHK作品には珍しく1年シリーズということで期待していましたが、序盤からなかなかのクオリティの高さで魅せてくれますね。(^^)

特に、ある名作ファンさんがイラストを描かれた第7話は圧巻でしたね。イラストを見ていたら、お母さんを呼び続けるエリンの声が聞こえてきたような気がしました。(/_;)

それでは、今後ともよろしくお願いします。

横溝ルパンさん、コメントありがとうございます!

コメント遅れてすみません。
横溝ルパンさん,コメントありがとうございます!

>特に、ある名作ファンさんがイラストを描かれた第7話は圧巻でしたね。イラストを見ていたら、お母さんを呼び続けるエリンの声が聞こえてきたような気がしました。(/_;)
このシーンを見たとたん「これは描くしかない!」と描き始めたのですが,なかなか雰囲気が出なくてちょっと大変でした。
そういっていただけて嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは

こちらでは、初めまして。ブログ開設おめでとうございます。
「母の指笛」は本当観ていて辛かっただけに8話に救いの
話に期待していただけにおなら連発ってのは...。(汗)

大柄で熊っぽいイメージだけで充分なのに。泥棒2人組に
しろ視聴者にとっては不要なオりジナルがたまに入るので
...。になってしまいますね。色々な名作アニメのイラスト、
紹介と雑記を楽しみに時々こちらへ寄らせていただきます。

亜紀さん、コメントありがとうございます!

亜紀さん、おいでいただきありがとうございます!
ここのところ時間が取れずお返事が遅れてすみません・・・。

>「母の指笛」は本当観ていて辛かっただけに8話に救いの
話に期待していただけにおなら連発ってのは...。(汗)
そうですね(^^;)もっと穏やかにエリンの心が癒されていく展開を想像していたのですが、まさかの下ネタにびっくりです。
でも、第9話ではエリンの再生がじっくりと描かれていて、よかったなあと思います。
(第8話で何でもいいから雰囲気を明るくして、第9話で心の動きを描く構成だったのかもしれませんね。)


>色々な名作アニメのイラスト、 紹介と雑記を楽しみに時々こちらへ寄らせていただきます
時間が取れなくて更新、お返事が遅れてしまうことも多いとは思いますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード