スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンドバット」と「バケモノの子」をみてきました!

会社のお休みに合わせ、ちょうど実家から来ていた親と一緒に、2本のアニメ映画を見てきました!

1本目は日本アニメーション40周年記念作品、
佐藤好春さんキャラデザの名作劇場的劇場映画
「シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島」

2本目は「時かけ」「サマーウォーズ」「おおかみこども」の細田監督最新超大作
そして、あのYUMEさんがノベライズ版挿絵を、そしてももぢさんが動画にも参加されている(!)
「バケモノの子」
です!

まずは「シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島」を見ました。
シンプルな線と陰影でありながら、とてもなめらかな動き、そして
シンドバッドの旅立ちまでの母の思い等をじっくりと描いた丁寧な演出。
子供向け作品として、とても良心的な、世界名作劇場と同じ空気を感じられてうれしかったです。
IMG_6576L.jpg


続いて「バケモノの子」まで待っている間に、モールに入っている書店へ。
そして書店の前に張り出したブースには、平積みになったYUMEさん挿絵の「バケモノの子」角川つばさ文庫版!
YUMEさん挿絵の本が、平積み…YUMEさんのファンとして、こんなにうれしいことはなかったです^^
(角川つばさ文庫「バケモノの子」はこちら!)
IMG_6589.jpg


そしていよいよ、「バケモノの子」
これは…本当にすごい映画でした…
IMG_6577-600L.jpg

雑踏の中の孤独、群衆の中の孤立、家族への不信…幼く、しかし孤立に追い詰められた主人公、九太が、
バケモノの世界で孤立していた豪快な異端児、熊徹と反発しあい、共鳴しあいながら、かけがえのない関係になっていく過程。
そして時が過ぎて描かれる人間界での挫折と、それを助けてくれた女子高生、楓が胸に秘めた孤立の悲しさ。
様々な孤立の悲しさ、心の闇を、一本の心の剣を胸に突き進み、未来をつかむんだ!

本当に深いメッセージ性が込められ、それでいて活劇のカタルシスも、軽妙な笑いもちゃんとある、
本当に素晴らしい作品でした。

そしてこの動く、動く動く作画!!そしてエンドロールにはっきりとももぢさんのお名前が!
目を皿のようにしながら見ていたあの線の中に、ももぢさんが一生懸命書かれた線があると思うと、また感激もひとしおでした。

本当に素晴らしい作品、見に行ってよかったです。
そしてYUMEさんとももぢさん、本当にお疲れ様でした_(--)_
IMG_6590.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

未見ですが;;;

こんばんは〜
まだ過去の細田作品って録画しっぱなしで見ていないのですが、以前友達が「時かけ」が凄く良いような事、言ってました☆そのうち観ねば!w
クオリティの高い劇場版映画に関わったYUMEさんとももぢさん。。。凄いですね><!
頑張ってない自分が何か言うのもおこがましいなあと、コメント控えてましたが^^;;;、 
凄いものは凄いのです☆☆☆

すごいですよね!

細田作品、「時かけ」も「サマーウォーズ」も「おおかみこども」も、そして「バケモノの子」も、どれもすごく面白いのでお勧めですよ!
先日金曜ロードショーでまとめて3作品放送があったのですが…惜しい!!


YUMEさんもももぢさんも、本当にすごいですよね。
もう雲の上を通り越して宇宙というか…(汗

アッサムさんだって「耳をすませば」とか「もののけ姫」に参加されていて、私にとっては雲の上(というか宇宙)の存在です。

ホント、素晴らしい方々とこうして懇意にしていただき、お絵かきさん冥利に尽きます。皆様本当にありがとうございます_(--)__(--)_
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。