スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらい日々は通り過ぎ…。すべては美しい思い出と共に…。【こんにちはアン 最終回】

こんにちはアン、最終回、本当に、本当によかったです…

「いつか先生とエッグマンとさよならした時は、雪が降っていたわ…でも、今日は花吹雪なのね…。」
「あなたは、みんなの人生に、微笑をあたえたのよ。」
k-anne-final-001-600.jpg

「魔法のどんぐりを覚えてる?」
「もちろん!ミルドレットにあげた、魔法のどんぐりね」
「持っているとかならず幸せになれる、あなたがそう祈ってくれたから、ミルドレットは落ち込みそうな時も、いつも前を向いていられたんですって。今、ピアノの先生になろうとしているそうよ。ランドルフも、それに私たちも、あなたにあえてどれだけ微笑みをもらったか。」
k-anne-final-002-600.jpg


「アン、君は出会う人々の心に、アン・シャーリーという名の幸せのタネをまいているんだ。そのタネはやがて芽を出し、花開いて、人生を喜びで満たすんだ。」
「出逢ったみんなが、幸せのタネを分けてくれたんですもの。悲しいこともあったけど、今はそう思うの…。」



「桜色のリボン…長い間、大切に取っておいた宝物なの…だからあげる、ふたりに…。」
「デラはお母さんとお父さんの顔も知らないの…赤ちゃんの時の私なの…だから…テッサやみんなに、かわいがってもらうのよ…。」
k-anne-countdown-00-600.jpg


「デラをお願いね。泣き虫テッサも、大好きよ…。」
「(涙声で)だからもう、泣き虫じゃないってば…。」
ぎゅっとテッサを抱きしめるアン。
「早く行って…涙が…こぼれちゃうから…。」
涙を流すアンとテッサ
「はやく……アンっ…。」

「さようならテッサ!!さようなら、みんな!!」
「あたし、あたし、ぜったい幸せになるよ!アンみたいに!!」

k-anne-countdown-02-600only.jpg


「アン、あたしが手紙を書くなんて、きっと驚くでしょうね。あたしも、上手く書けるかどうか自身がないわ…。このあいだ、古い荷物を片付けていた時、バートの写真を見つけたの。それは、ボーリングブロークの駅で働いていた時の、写真よ…。」


ジョアンナからの手紙、そこには、アンが生まれた「小さな黄色い家」と、その幸せな暮らしが…。
「この子はきっと、ウォルターのように、夢見る翼を持った女の子になるわ」
「僕にはわかる。アンはきっと、幸せになる力を持った子なんだ。」


「ふたりが亡くなった後、あんたを育てながら、あたしは何度思ったことか…あんたはウォルターとバーサのいいとこを全部持った子だった。それなのに、毎日が苦しくて……」
k-anne-final-007-600.jpg

「気持ちがすさみきってしまったあたしは、いつの間にか、あんたに優しくするのを忘れてしまった…。バーサとウォルターがくれたまごころを、あんたに返してやるのを忘れてしまった…。」

「月日がたって、つらかったことが何もかも通り過ぎた今、気づいたんだよ…。あんたを育てたあたしは、幸せ者だった…。その幸せは、きっと、バーサとウォルターが届けてくれたものなんだ…。だからあんたは、バーサとウォルターが信じていたように、幸せにならなくちゃいけないんだよ。あんたに何一つしてやれなかったあたしは、その分毎日祈ってる…。ホーレスも、エドワードも、ハリーもノアも、いつも、あんたの幸せを祈ってる…。バートと一緒に…。」


anne-final-006-cut.jpg

「ジョアンナおばさん……バートおじさん……トーマス家のみんな……どうか、、いつまでも幸せに……。」

「私、今曲がり角を曲がろうとしているのね…。新しい世界に行くのは、胸が壊れそうなどドキドキするわ、でも、ちょっと怖い…。」「さようなら、小さかったころの私…わたし、プリンスエドワード島できっと幸せになるわ…。」
そして、アンを乗せた連絡船は出航しました。

――アンは、これから始まる毎日を想像しました。家族として、友として、迎えてくれる人々の顔を、時を忘れて思い浮かべるのでした・・・・・幸せの翼に守られた日々が、今、始まろうとしていました――




ヘンダーソン先生や、エッグマンが届けてくれた、大切な人々のアンへの思い…アンを残し、傷つけたまま別れなくてはならなかったエリーザの思い、そして、アンの幸せを祈っていた両親と、アンのことを好きだったのに、毎日が苦しくて、アンに優しさをかけることを忘れてしまっていた、ジョアンナの思い…。

つらく、悲しい生活の中で、アンがみんなに撒いてきた「幸せのタネ」、それが花開き、温かい愛を今感じながら、アンは旅立っていきました。


「赤毛のアン」の「アン、生い立ちを語る」では、アンは誰にも欲しがられなかったと言っていました。でも、本当は、つらく、厳しく、悲しい生活の中にも、温かいまごころと、愛情があったのかもしれません。
オープニングの「みんな ひかりのタネ 抱いているから」「泣いて生まれたのは 幸せを作るためさ」というのが、この作品のメッセージなんだなあと思います。

このすばらしい作品を作ってくださった監督の谷田部勝義さん、シナリオディレクターの島田満さん、キャラクターデザイナーの佐藤好春さん、西村貴世さん、美術監督の森元茂さんほか、すべてのスタッフの皆さんに、
そして、すばらしい演技力で作品の世界を作り上げたアン役の日高里菜さん(中学生とは思えない、いかにも声優さん的な上手さに驚きました…。)ジョアンナの田村聖子さん、ナレーションの池田昌子さんをはじめとするすべての声の出演の皆さん、本当にありがとうございました、そして、お疲れ様でした!!

このようなページを見ているかどうかわからないのですが、御礼を言わずに居れませんでした。
どうか、「こんにちはアン」が、もっと多くの人々に感動を与え、愛されていくことを願ってやみません。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんにちは アン 第39話「プリンス・エドワード島へ」(最終回)

とってもいい最終回でした! アンが手紙を読む形でエリーザ&トーマス家のその後が語られたのは非常によかった。 旅立ちでアンがかぶっていた帽子はジョアンナが渡し損ねた帽子というのがうまいですね。 ぬこのロッキンバも元気でした。 ケイティでねんねしてるのがえ...

こんにちは アン 最終話

微笑みを振りまいて。

こんにちはアン #39

いつもは再放送で視聴の「こんにちはアン」ですが、最終回ということで本放送を録画していただきました。(^^) いよいよアンがプリンス・エド...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

待ってました!

これで、「こんにちはアン」という作品の話の流れがわかりました。
うん、見たくなりますね。
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。