スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪のはじまり 「悲劇」なアニメと「しんみり」な原作

こんにちはアン、アンはついに孤児院へ行くことになってしまいました。

トマス家を離れ、ハモンド家でのつらい暮らしの中でなんとか幸せを見つけようとしたアン。しかし、やっと心を通わせられそうになっていたケンドリックを失い、親戚の人たちの子供を適当に分け、アンのことを徹底的に無視する姿に、そしてやっと見つけた「心の中の友」ヴィオレッタにも挨拶できず去らなければならず、アンの心はボロボロでした。

家族のないアンがただひとつ持っているものは、ジョアンナが持たせてくれた鞄だけでした。その鞄に入っているものだけが、アンが生きてきた11年の証だったのです。

しかし、孤児院について早々、アンは「持ち物や思い出の品がある人とない人で不平等があってはならない」という決まりのせいで、ジョアンナが持たせてくれた思い出のかばんは預けなければならなかったのです。アンは泣き叫んで必死でかばんを抱きかかえますが、抵抗むなしくかばんを取り上げられてしまいます。

k-anne-worst01cut-600.jpg




そして、アンが連れて行かれたのは殺風景な鉄の2段ベットが並んだ部屋でした。そこには他の孤児の女の子たちがいて、アンの噂話をしていました。
先生はアンに孤児院の制服に着替えるように言います。アンは他の子の視線を嫌がりますが、みんなここで着替えている、と言われ、あきらめて服を脱ぎました。着替えをじろじろと見られ、着ていた服まで取り上げられ、おまけに赤毛を孤児の女の子たちにからかわれ・・・
k-anne-worst03-cut600.jpg

k-anne-worst02-600.jpg


心を怒りと恨みに満たされたアンは、授業で自己紹介するときに、「どこの誰かもわからない、みすぼらしいあんたたちとは違う」「あんたたちは、知識も想像力もなくて、シェイクスピアが誰かもわからないから、人のことを平気であざ笑うんだわ!私は、ここにいるすべての人を軽蔑するわ!!」

と、とんでもないことを言ってしまい、他の子達とアンの関係は最悪に冷え込んでしまいます。


その夜、アンはプリンスエドワード島の写真だけでも取り戻そうと、倉庫の鍵を開け、かばんの中から写真を抜き出します。しかし、それを同じ部屋の女の子、テッサに見られてしまいます。
テッサは他の子から仲間はずれにされていたので、アンのかばんを持っていけば仲間にしてもらえるかも、と思い、納屋で女の子たちがこっそりロウソクを持ち込んでしていた密会にアンのかばんを持っていきました。
しかし、なんということでしょう。テッサたちはロウソクの火を納屋のわらに移してしまい、火事をおこしてしまいました。

火事が収まると、アンは先生に呼び出され、納屋に行きました。
そこには、アンが大切にしていたブラウニングの詩集やノートが、黒焦げになって散らばっていました。
アンの手の中で、黒焦げになった詩集はばらばらに砕け散りました。呆然とするアン。
しかし、なんと先生や孤児院の職員は、アンの荷物が納屋にあったので、火事はアンが起こしたと思っていたのです・・・。
k-anne-worst04-600.jpg


という展開なのですが・・・
アンがかわいそう過ぎて、見ているのがつらかったです。
特に、ブラウニングの詩集は「金色の泉」でアンが子守をして手に入れたところから、とても思い入れがあったので、最後のシーンはかなりショックでした・・・。


「こんにちはアン」もあと数話、物語がどうなっていくのか、目が離せません。


●原作では?

原作だと火事の話はなくて、私物入れの箱があり、そこにプリンスエドワード島の写真などを入れることができました。ただ、入らないものは処分されています。
そもそも、孤児院の定員はいっぱいで、アンは緊急受け入れ枠を使って入ることになりました。(これは「赤毛のアン」でも出てきているので、アニメ版でも扱ってほしかったですね。)
ちなみに、アンが着た制服というのは孤児院になじめず、食事を取らずに亡くなった子の服でした(--;)
あと、ブラシや櫛、歯ブラシ、あと下着や靴下も支給品で、アンは服を脱いで孤児院の下着とちんちくりんの寝間着を着て寝ました。

そんなこんなで、アンはいろいろ不満ですが、みんなの行動に合わせて行動しながら2ヶ月何事もなくすごしています。その中でエドナと言う子がアンに取り入ってきて、アンはすっかりその気になりますが、実はエドナは影でアンの悪口を言っていたのを知って、アンは気分を悪くする、というお話です。
かなりしんみりとした雰囲気で、孤児院もいろいろ制約は多いもののまんざらでもない雰囲気で、ある意味リアルかもしれません。

アニメの方はクライマックスと言うこともあり、悲劇性で映像やストーリー的に盛り上げるためにこうしたんでしょう。アニメ版も盛り上がるのでこれはこれでいいと思いますが、原作の雰囲気も捨てがたいです。原作の雰囲気で孤児院を描いた方が、ドラマチックではないですが、感情の機微を描く名作らしい(というか、トマス家編の「こんにちはアン」もそんな雰囲気でしたね)かも知れませんね。



ところで、来年の世界名作劇場はどうなるんでしょうか
個人的には、「コゼット」「ポルフィ」「こんにちはアン」のなかでは、昔ながらの「世界名作劇場」の雰囲気(ストーリーも、キャラクターも)がある、「こんにちはアン」が一番好きなので、(というか、「こんにちはアン」は旧作含めた世界名作劇場の中でも同率1位クラスに好きな作品です)来年もぜひこの雰囲気のまま続けてほしいのですが・・・

(というか、あのポルフィが1年(4クール)でこんにちはアンが3クールなんて・・・もう1クール見たかったです(泣))

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんにちはアン #32

ついにアンは、孤児院に入れられることになってしまいました。とうとうアンは孤児院で生活することになりました。孤児院では、みんなが平等に生活するために、個人的な私物は取り上げ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうか、このブログの記事を読めばよかったんだあ。

「こんにちはアン」を見れない自分ですが、ここの記事を見ればよかたんですね。今頃気づきました。
というか、他の「世界名作劇場」の作品を見るのを優先してまして、「こんにちはアン」まで手がまわらなかったのが本当のところです。
これからは時間をとって前の記事も見ていきますね。

No title

こんばんは。文章ストーリーを拝読させていただいたけど、自分は当事者のアンと同じ立場になりたくないという感想の一点であります。(なっていない自分はまだいいほう)
孤児院や学生寮といったものは貧乏人(発言が悪いですが)からしたら必要悪ということになるのじゃないでしょうか。
自分は貧乏ではあるけど一人暮らしをしているが、よほどの極貧(選択肢がない状況)でないかぎりこんな孤児院みたいな生活をするのはイヤです。 多少貧乏であっても多少費用負担してでも自由気ままな一人暮らしというのはしたいものです(安い物件のアパートを選んでいるがそれでも生活はぎりぎり)

まあ、その悲惨なストーリーを拝読するだけですみ、現実にならないことを祈るばかりですが。

No title

?さん
>必要悪
本編でもそう描かれていますね。本当にそう思います。
また、当時(19世紀)の孤児院や救貧施設は「オリバーツイスト」にも出てきますが、実際にかなり人権無視の施設だったようです。

それにしてもお名前が…できればもうすこし穏当なお名前でお願いします~びっくりしてしまいますので…

昔の記事に申し訳ありませんが・・・

GW中に「こんにちはアン」の原作について調べているのですが
既に絶版で解らないことだらけです。

それで、お尋ねしたいのですが
絵柄にあるように「平等」を理由にアンが私物を取り上げられたり
旅たちの直前に私物を返してもらう時の院長とのやり取りは
原作にもあるものなのでしょうか?
よろしければ、お教え下さい。

原作とアニメについて

十傑作さん

お久しぶりです。
原作をちょっと調べてみました。
新潮文庫「こんにちはアン(下)」pp245に

「大きなスーツケースだこと。何が入っているの?不等に多くの個人的所有物を置く場所はあいにくありませんよ。おもちゃや人形じゃないでしょうね。そういうものは他の子どもたちの嫉妬や悲しみの対象になります。怒らせることもあるわ。開けてごらんなさい。」
ふたを開けると同時に、ギュッと押さえつけられていたトルーディの美しいドレスがスーツケースから飛び出した。
「おやまあ。それはもちろん没収です。ー私服はすべて渡してもらいます(略)」

とカーライル女史が話していますね。
アニメでは

アニメ「こんにちはアン」第30話 Cut60
ト書き:じっと見据えて
カーライル「ここでは大勢の子どもが同じ部屋で生活しています。思い出の品が欲しくても、もっていない子がたくさんいます。持ち物や服装に不平等があってはなりません。」

となっています。
原作では持ち物を返してもらうところのやり取りはありません。原作アニメともにカーライル女史は義務にがんじがらめで不器用な人なのですが、アニメ版では後半態度が軟化してアンと打ち解ける展開になります。
セリフで「思い出の品が欲しくても、もっていない」となっているのは単なる要約ではなく、そういうキャラ設定の違いによるものかもしれません。


ちなみに、原作「こんにちはアン」では(おそらく「赤毛のアン」との矛盾点を回避するため)、以下のように記述されています。
pp305
「(略)ロキンバー、カバンに忍ばせたたいせつなプレゼント、ノアへの愛(略)つらいとき、元気づけてくれた人々や物について詳しくしゃべるのが、、なぜか気恥ずかしかった。(略)
よく知らない相手と分かち合うには、大切すぎる思い出もあった。でもそのすべてを-良い思い出も、悪い思い出も-アンはノーサンバランド海峡の向こう側に置き去りにしたかった。悪いことは忘れたかったし、よいことを懐かしむのはやめたかった」

こんにちはアンについては、(特に熱い赤毛のアンファンの場合)まじめに考証すると矛盾点が気になって楽しめなくなっておられる方が結構いらっしゃいます。 それよりも原作は「赤毛のアン100周年」記念のお祭り、アニメ版は「世界名作劇場的テンプレートの愛のストーリー」として楽しまれることをお勧めします。
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。