スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20.21お絵かきチャットログ

大変遅れてしまってすみません!
先週はちょっと忙しく、週末は風邪でゴロゴロしていてさっぱり絵茶ログを上げられませんでした><
そして一生懸命書いて投稿したらなぜかBlogに再ログイン画面・・・記事消滅…。
というわけで遅ればせながら先週のお絵かきチャットログを掲載いたします_(--)_

1:ラザニア作り
20121020-01-02.png
左:Soichiさん 右:ある名作ファン

開催後、Soichiさんが来てくださいました!最初は何をかこうか迷っていたのですが、すぐにSoihciさんがラザニアを作る女の子を描いてくださいました!と、気が付くとオーブンとラザニアの図解まで!
Soichiさんと料理をする女の子は本当にベストマッチの組み合わせですね!かわいいです~♪

2:土手の家 美術設定(屋外) ~大草原の小さな家 プラムクリークの土手で~
20121020-02-04.png
3:土手の家 美術設定(室内) ~大草原の小さな家 プラムクリークの土手で~
20121020-02-09.png
Soichiさん、ある名作ファン

続いて「室内の様子がよく見えてこそ生き生きとした人物がよく映える」(by Soichiさん)ということで、Web絵本の準備として 「プラムクリークの土手で」 で最初にローラたちが住んだ家、「土手の家」を想像してみました。

柳の太い枝に干し草を絡ませた天井、天井の上には草が茂り、土手とすっかり見分けがつかなくなっています。
床は土間、壁は白く塗ってあるそうです。家の前には一本橋があり…。

当時のストーブは?この家の間取りは?本当の部屋の明るさは?そしてそれを絵の雰囲気としてどう嘘をついて描くべきか?どうやって料理をしていたんだろう?ベットカバーの模様etcetc…。
Soichiさんと一緒にアイデアを出し合い、少しずつ「土手の家」の姿を想像していくのは本当に楽しかったです!
そしてついに素敵な「土手の家」の設定ができました!

4:キャラ表 ~大草原の小さな家 プラムクリークの土手で~
20121020-03-05.png
左:Soichiさん 右:ある名作ファン

「土手の家」も設定ができ、ローラたちも以前描いたということで、キャラクター表を作ってみました。
最年少のキャリーがいる中で、ローラをいかに幼く表現するかがポイントになりそうですね。
3歳、7歳、9歳なので、みんな幼いはずなのです。

--------------------------------------------------------------------------------

5:ソードアート・オンライン
20121021-01-04.png
アスナ:nonohonさん キリト・スグ:ある名作ファン

翌日は、まさかのnonohonさんが来てくださいました!お忙しいところ本当にありがとうございます!
最初は今風のオリキャラを描こうと、放送中のアニメ「ソードアート・オンライン」のスグを参考に描いていたのですが、単なる模写になってしまいました…。ということで主人公キリト君を描いていると…nonohonさんがかっこいいアスナを描いてくれました!う、う、美しい…… 美人は苦手とおっしゃるnonohonさんですが、ここまで美しいアスナさん…ホントに苦手なんですか(?)


6:わら塚すべり ~大草原の小さな家 プラムクリークの土手で~
20121021-02-04.png

最後は「プラムクリークの土手で」の面白いシーン「わらつか」からです。 


お父さんが作ったわらの塚に登って上でトランポリンのように飛び跳ねる二人。
「空を飛んでるよ!」とローラが言うとメアリーもつられて登ってきて二人でジャンプ!
と、足元のわらが崩れ、しりもちをついたままお尻から落下。そのうち二人とも滑り降りるのに夢中に。
登って、また滑って・・・スカートはめくれ、ローラにメアリーのお尻が直撃するなどいろいろあった挙句、わらは完全にバラバラになってしまいました。

牛のごはん用にわら塚を作っていたお父さん「もうわら塚を滑り降りちゃいけないよ。」二人「…
はい、父さん」
でもここからが本当に面白いところで、二人とも大草原に遊びに行くと、わら塚が…
「なんにもしてないもん!」「においを嗅いでるだけだもん」「ローラ!でもいいにおい…」
「登っちゃいけないって言わなかったもん滑らないもん!」「ローラ!父さんに言いつけるから」…結局登ってくるメアリー
結局ジャンプしてそして足が滑り・・・今度は「転がり落ちる」ローラとメアリー(笑)そして気
が付くとわらはバラバラ・・・

お父さんが帰ってくるまでびくびくしている二人。そして帰ってきたお父さん「ローラ、メアリー、こっちに来なさい。」
「お前たちは、わら塚を滑り降りたね」「…いいえ、」「もう一度聞こう、お前たちは、わら塚を滑り降りたね」
「あたしたち、滑り降りたりしてないです!でも、転がっておりました」

父さん、くるりと背を向けて、笑いをこらえるが、ついに大爆笑(笑)


もうまさに「名作劇場」のシーンそのままのお話の展開に、シーンがありありと目に浮かびます^^
次第に上がっていくテンション、そして「転がって降りました」と真剣な眼差しで言うローラとお父さんのギャップ
無邪気な楽しさがあふれる原作が、世界名作劇場だったらどんな構成になるかを想像しながら、お話を書いたり設定を作ったりしていきたいなあ。と思います。



参加してくださったSoichiさん、nonohonさん、本当にありがとうございました!
次回は11/23~25に開催予定です。
これからもよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。