悲しいお茶会   そして・・・。

先週の「こんにちはアン」もまた、本当にいいお話でした。

ミルドレットはクラスで一人ぼっち。みんなアンに夢中で、ミルドレットのことを見てくれる人は誰もいません…。アンにいじわるしてお茶会にアンだけ招待しないようにしても、みんな話すことはアンのことばかり…。お母様もミルドレットを自分の自慢のタネに使うばかりで、ミルドレットの本当の気持ちを全然分かってくれません。
k-anne-sad-party01-800.jpg
(クリックで拡大)

クラスメイトも、親も、誰も自分の本当の気持ちを見てくれない…。そんな一人ぼっちのミルドレットの悲しさが伝わってくるお話でした。

「ほんとはアンが大好きだった…友達になりたかったのよ!!」と叫んで、泣き崩れるシーン、そして、落ち着いてから、「わたし、今まで誰とも手を繋いだことがないの…だから…。」というシーンに、ジーンときてしまいました…。
k-anne-sad-party02colorcut.jpg
(クリックで拡大)





そして・・・。(ここから「危険な罠」のネタバレ注意)

「こんにちはアン」、今週、ついに悪い予感が当たってしまいました…。
お話が一気に暗い方向へ転がりだしました…。

もっと書物を!の時のblogの感想で、
>「こんにちはアン」は最近妙に明るいお話が多いので、
>「これは悲しいシーンとの落差を作ってどん底に落とす準備かも・・・」と名作アニメばかり見ていると思ってしまうのですが・・・。」

と書いていたのですが、やっぱり当たっていました…。

先週のミルドレットとの和解で、アンを取り巻く問題はすべて解決していたので、そろそろくるのかなあと思ってはいたのですが…。
この展開でいくと、バートは鉄道事故で死んでしまうのではなく、刑務所に入ってしまい、それで一家離散してしまう、ということになるんでしょうか…。

いつか「双子が3組」のハモンド家に行かなければならないので、いつかこの日が来るのは分かっていたのですが、せっかくメアリズビルのみんなと仲良くなれたのに…。もうアンたちにすっかり感情移入してしまっているので、このままここで楽しく暮らしてほしかったなあとどうしても思ってしまいます…。

アキャン家での幸せそうなレミとリーズ、崖の上でのダニーとルシエン、道に飛び出すポリアンナ、最後にビアンカを抱きしめるアルフレド、雪山越えをするレミとヴィタリスさん、地震直前のポルフィ、革命前夜のアンジョルラス・・・。
名作アニメの主人公は原作の運命に逆らえない、それは分かっているのですが、それまでずっと主人公たちが幸せに笑い、泣き、苦労している姿を見ていると、もうすっかり主人公たちと気持ちが同化してしまって、このままここで幸せに暮らしてほしいと、心のそこから思ってしまいます…。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんにちはアン #19

ミルドレッドがお茶会を開きました。しかし、そこにはアンは呼んでもらえませんでした。アンがメアリズビルにやって来て、学校に通うようになってからもう半年が経過していました。明...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード