祝!『メアリと魔女の花』角川つばさ文庫版発売&YUMEさんお仕事本特集

7月公開予定の『メアリと魔女の花』
『借りぐらしのアリエッティ』などで知られる米林宏昌監督作品、旧ジブリ制作部出身者も多いスタジオポノック第1回長編映画という
夏の超大作映画です。
この『メアリと魔女の花』原作本が、角川つばさ文庫から発売されました。
そしてなんと、いつもお世話になっているあのYUMEさんが挿絵を担当されています!

>>つばさ文庫公式サイトはこちらから!IMG_9391-600.jpg

表紙は米林監督の原画ですが、本編挿絵はすべてYUMEさん!
退屈なメアリがであった、一晩の大冒険をありありと描いている挿絵は本当に素敵なんですよ!
ネタバレになってしまうので、すてきな挿絵はぜひ書店でご覧になってください!!
原作準拠のため、YUMEさんオリジナルキャラクターデザインになっている魔法学校の先生方も見どころです。
IMG_9387-600.jpg

名作劇場ファン、ロミオファンならご存知の方も多い、素敵お絵かきさんのYUMEさん、本職もイラストレーターということで、
2013年に角川つばさ文庫でイラストを担当されてから、こんなにたくさんの作品の挿絵&一部のカバーイラストも担当されています。
IMG_9390-600.jpg
男鹿さんの素敵水彩画の表紙に合わせ、YUMEさんオリジナルデザインのキャラクターを上手く溶け込ませた、『兎の眼』 
YUMEさんオリジナルデザインが素敵な、『目が見えない、耳も聞こえない、でも僕は笑ってる』『ヒロシマの風』『ナガサキの命』『聖の青春』
そしてYUMEさんのキャラ似せしつつも生き生きしたお芝居を描ける技術を存分に発揮された、どちらも超大作映画!『バケモノの子』『メアリと魔女の花』 、そして児童文学で不滅の大ヒット「ぼくらの~~」シリーズ『ぼくらのハイジャック戦争』


YUMEさんの素晴らしいイラストお仕事、日記を拝見すると本当にお忙しく大変なことと思いますが、
「バケモノの子」に続く超大型映画の挿絵お仕事、本当にお疲れ様でした。
ビックタイトル起用、YUMEさんのキャラを似せられつつ、キャラ芝居の高い表現力のたまものだと思います。
またこうしたお仕事で、そしてサイトやオフで、YUMEさんの素敵なイラストを拝見できるのが楽しみです!

(そして、Soichiさん、アッサムさん、名取さんもそうですが、こんな雲の上の様な方にネットでフランクに接していただけるのは、本当にありがたい事だといつも思っております。本当にありがとうございます_(- -)_)

【速報】oekakibbsで発生している不具合と暫定対策について

当サイトや、リンク先の皆様のサイトのお絵かき掲示板 Oekakibbs.comについて、
6/9ごろから下のような表示が出て、つながらなくなっています。
私も皆さんの作品とともにいきなりの掲示板消滅に大ショックでした…。
が、よく調べてみると実は掲示板は消えていないのです!
notfound.jpg

見られなくなったお絵かき掲示板のアドレスのうち、この部分を右の数字に書き換えてください。
www14.oekakibbs.com ⇒ 49.212.76.174
www16.oekakibbs.com ⇒49.212.76.174
www17.oekakibbs.com  ⇒ 49.212.76.62
www13.oekakibbs.com  ⇒49.212.76.62


上手く表示されたら幸いです。

今回の事例は、サイトのドメインが失効したためです。
ドメインとはwww14.oekakibbs.comのようなURL(サイトアドレス)の冒頭の部分です。
人間が見て特徴がわかりやすいのでサイトの看板となっています。

ただ実は、コンピュータはドメインを見ているのではなく、
インターネット上の住所であるIPアドレスを参照しています。
サイトURLを入力すると、(ドメインネームシステム)DNSというサーバーが
ドメインに対応したIPアドレスを教えてくれ、そこに接続します。
DNSは電話帳のようなもので、今回は電話帳に載らなくなったので電話が掛けられない、という状況でした。
でもよく考えれば、電話帳に乗っていなくても、直接電話をかければ電話はつながりますよね。
ドメインなどなくてもIPアドレスを直接指定すれば接続されるというわけです。


とりあえずこれで一安心ですが、ドメインの失効はそもそも本家管理人さんが
レンタルサーバーにドメイン更新料を払えていない、という可能性が考えられます。
その場合サーバー自体もいつまで保守されるか怪しいところです。
暫定対策で接続したら過去ログを保存して、いつ終わるかもわからないと覚悟しながら
使う必要があるかもしれません…。

お絵かき掲示板、特にPOO板は大好きだっただけにこんな日が来ることは想像さえしていませんでした。
twitterやPixiv等への移行もあって日々設置が減るPBBSですが、
「拠点」としてのサイトや掲示板があるというのはまた魅力があるものだと思います。
このままなんとか続けるか、もしくは別の似たようなサービスが出てくれるかに期待したいところです。
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード