スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイミーとお母様~若草物語のクリスマス~

若草物語のクリスマス絵、ようやく完成しました!

もうすぐクリスマス!ということで、「愛の若草物語」から、クリスマスのエピソードです。
Pixivに投稿しておりますので、こちらからぜひ!

20151220-lw001-C-1500.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリスマスイブ、マーサおばさんはエイミーたち4姉妹にプレゼントとして一ドルのお小遣いをくれました。
「帽子かしら」「本!」「楽譜…♫」「色鉛筆!」何を買おうかといろいろと考える四姉妹。
そんな時お母様の上履きが傷んでいることにジョオとベスが気づきます。
この一ドルはお母様へのプレゼントに…そう決めた四姉妹。
そしてクリスマス。4姉妹はお母様に、プレゼントを渡します。

「お母様の好きなオーデコロンです。大瓶よ!」
こっそり30セントの小瓶を買って、70セントを浮かそう、なんて考えていたエイミー。
でも聖書を読んで自分のしたことが情けなくなったエイミーは、この日の朝に1ドルの大瓶に
取り換えに行っていたのでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界名作劇場のクリスマスはどれも素敵なお話が多いですが、この愛の若草物語(そして原作「若草物語」)のエピソードはその中でも特に好きなお話の一つです。
誰かのために、何かをする喜び。それこそクリスマスで一番大切な事かもしれません。


■イラストについて…今風の魅力、影なしの魅力
今回は、名作劇場風のべた塗と、今風の1段陰+ハイライト+フィルタ処理を掛けたものの2バージョンを描いてみました。

(1)まずは下書き・・・
出張先で何とかCLIP STUDIOでお絵かきしたものの、やっぱり死にそうに(比喩でなく結構本気で…)疲れ切っていたためか
今見るといまいち…
鉛筆描きのほうはそれなりに良かったので、それをベースに鉛筆で書き直しです。
20151220-lw001-1500.jpg

(2)取り込みとデジタルトレス
絵を取り込んでそのまま塗ってもいいのですが、鉛筆の線は拡大するとザラザラでつながっていないため
ペンタブでなぞってデジタルトレスを実施しました。

(3)世界名作劇場風仕上げ
20151220-lw001-A-1500.jpg
世界名作劇場では、「家なき子レミ」以降の作品、および夕方等を除いてあまり陰がありません。
(このときの記事でも触れたとおりです)⇒http://breezehil.blog73.fc2.com/blog-entry-269.html

というわけで、できるだけ本編と同じ雰囲気で仕上げてみたものがこちらです。
これはこれで良いし好きなのですが、最近のアニメに慣れているとやっぱりそれっぽく仕上げたい…

(4)一段陰+ハイライト
「ご注文はうさぎですか?」や「たまこまーけっと」等、最近のアニメを見ながら影やハイライトを入れてみます…
だいぶきれいになってきた…
20151220-lw001-B-1500.jpg

(5)フィルタ処理(ディフュージョン)
最後にディフュージョンフィルタをかけます。
(ディフュージョンフィルタについては以前の記事で)⇒http://breezehil.blog73.fc2.com/blog-entry-328.html

20151220-lw001-C-1500.jpg
ああ~やっぱり今のアニメに慣れてしまうとこういう感じのほうが自然に感じます…。
名作キャラをこんな風に描いても雰囲気は崩れないですし、名劇が復活したらこんな絵柄もいいかなあ、とも思います^^

以上、クリスマス絵とそのメイキングでした!
スポンサーサイト

お出かけ先でもお絵かきを…Surface Pro4とクリスタでモバイルお絵かき環境

もう12月も中旬、あとちょっとでクリスマスの時期ですね。
お絵かきさん的には外せない季節イベント!なのですが、こんな時に限って長期出張に…。

ということで、出張先でもお絵かき環境を整えるべく、最近の残業代をつぎ込んで、(お絵かきに使えなかった時間をお金に換えて…)
Windowsキーボード付きタブレットPC "Surface Pro 4"で出張先からお絵かきに挑戦してみました。
お絵かきさんで似たような経験がある方の参考になればうれしいです。

~~~~~~~~~~~

Surface Pro4はiPadのようなタブレットで、マグネットでしっかり接続できる外付けキーボードを装着することができます。
キーボードはしっかり押し込んだ実感がある作りで、この文章を打っている今も快適に打ち込めています。
ペンは単六乾電池で動くN-Trig社製デジタイザペン、筆圧1024階調対応。
スペックは費用対効果からメモリ8GB、CPU:Intel Core-i5-6300U 2.4GHz、OSはWindows 10のモデルにしています。
今回は、このSurface Pro 4にCLIP STUDIO PAINTをインストールして、出張先でお絵かきしてみました。

~~~~~~~~~~~
というわけで早速描いてみた「愛の若草物語」からエイミーとお母さまです~^^
test_01.jpg
無題

(この記事の最後に手書きもあります。)

■使ってみた感想 結構使える!
よく宣伝されていた通り、CLIP STUDIO PAINTはSurface Pro4で結構快適に動作しました。
N-Trig製デジタイザペンについては筆圧検知機能が荒いといわれているようですが、私は筆圧が高いほうなのでさほど気になりません。
描き心地も結構いい感じ。いつも使っているWacon Cintiqはペンがつるつる、画面は保護フィルムで抵抗がある感じですが、
今回は画面がつるつる、ペンが柔らかい組み合わせで、これも適度な抵抗感があります。

■困った点
困った点もありました。下の4点くらいでしょうか…
一つはペンと実描画の位置のわずかなずれと視差です…。
線を描いていくとき、続きの線を前の線とつなげないといけない時があります。
(例えば手の部分など、次の指を描くときetc)
この時、どうも狙った点と違う点に着地してしまって、隙間が空いてしまうんです。なのでこの絵ではリトライが多く、
結構時間がかかってしまいました。
(画面に頼らず、頭の中にすでに線があるような人は問題ないかもしれません。弘法筆を選ばず…。)

二つ目は芯のぐらつきです。個体差かもしれませんが、芯が0.5mmくらいぐらつくような…。
三つ目は置いたときの安定性。本体だけで絵を描こうとすると、たまに滑って行ってしまう時があります。
滑りにくいものを下に敷くなどしたほうがいいかもしれません。
四つ目は画面の光の反射。つるつるなので部屋の光を反射してしまいます。角度を変えてもいいですが、
描きやすい角度が必ずしも光が反射してこない角度かどうかは運しだいのような…。

■全体として
困った点もありますが、これまでは大きなノートPCとタブレット(それも液晶タブレットではない)を持って行ったり、
そもそもあきらめていたお絵かきがこうしてできるというだけで、十分すぎる価値があります。
(そもそも出張中は休みが少ない&平日は余裕がないのでスーパースペックは不要)

普通に使うなら出張先でラフ、帰ってから清書など、使い分けてもいいですし、
同人誌が間に合わない!とかそういうときはこれで仕上げてしまうこともできるかもしれません。
なかなか夢が広がります^^
キーボードもしっかり押し込んだ実感がある作りで、この文章を打っている今も快適に打ち込めているので、
Pixiv等のコメントやBlog更新、検索などにも十分使えます。

ちょっとお高い買い物でしたが、これで出張中もお絵かきやネットができるようになったのはよかったと思います。

■余談:こんな使い方も
CLIP STUDIO PAINTが軽く動くとはいっても、やはり描くときの姿勢や思った点にペンが落ちないのはちょっと気になります。
そんな時は原点回帰…カメラで撮る!
というわけで同じシーンを紙に描いて、本体カメラで撮影してみました。
WIN_20151214_21_31_05_Pro.jpg
結構きちんととれますね。
これをCLIPでトリミングすれば…
無題2
WIN_20151214_21_30_45_Pro-trimed.jpg
こうして本体カメラをスキャナ代わりにして、紙に描いてからそれをCLIPで仕上げるのもアリかもしれません。
実は一番早いかも…

続々・アニメに挑戦!完成!!

3回にわたって作成していた「アニメに挑戦」
ようやく完成いたしました~~!!

今回はちょっと工夫して、背景の雲が走り2サイクル(12コマ)で一巡するように設定してあるため、
無限に走り続けることができます!
(Followでは走ってる間分の長判背景を用意する必要がありますが、背景の端まで行ってしまうともう繰り返せません…)

今回はとりあえず完成させたかったので、背景のFollow(大判の背景をずらしていく作業)を人力でやったのですが、
もうちょっといい方法があったかのしれません…。
(背景フォルダを別に作って、フォロー用ガイドを作成、12コマ分背景をずらしました…
無料の関連ソフト CLIP STUDIO ACTIONで出来るようなのですが、3D機能もあるソフトなので2D機能がかえってわかりづらく…)



>GIFアニメ版。上のPixiv「うごイラ」機能では,JPEG投稿可能なのでもっと高画質で見ることができます~!
タイムライン1D_00000


作るのは大変ですが、アニメにはイラストとは違う独特の魅力がありますね^^
時間的に限られはしますが、そのうちまた挑戦してみたいです^^

続・簡単アニメに挑戦

前回、ラフだったハイジとペーターのアニメを清書してみました。

こちらはラフをそのまま清書したもの
タイムライン1B_00000

こちらはペーターの顔をコピーでそろえたものです
タイムライン1C_00000

どちらも一長一短なのですが、何となく最初のほうが躍動感があるようにも見えます。
線のブレが上手く顔の角度の変化や髪の動きのように見えるような…
鼻の位置だけ修正してみようかな…
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。