突発メカ描き!

limさんのメカ・背景行程(期間限定公開)の公開に、つい30分前に気づいた私ですが、その中に出てきた「はくよう」潜水艇の写真が大変かっこよかったので、早速描いてみました。
HAKUYOU.jpg

ラフも当てずにシャープペンシルとただの定規でいきなり描きましたが、15分ほどで描けました。
単に形を追っていくのではなく、仕組みをちょっと考えながら描くと早いです。

これの場合、おそらくメインの部分は中央の円筒+半球の耐圧殻で、それに板金構造の後部フェアリングと丸パイプ溶接構造の前方フレームがあります。下部の追加円筒は…バラストタンクでしょうか?そこにカーゴケージとマニピュレータがついています。
前方のセンサー類もそれぞれのセンサーの指向方向と、センサーケーブルが耐圧部に引き込まれるポートを意識すれば、ハーネスを繋ぐのは一瞬です。
あとは、それぞれのパーツがどのような結合方法(フランジか、溶接か、ベルトか)でつながっているか注目すればさらに綺麗に描けます。

メカというのは、設計のしやすさや強度、作りやすさから、円筒、球、楕円ドーム、パイプの組み合わせで出来ているものがほとんどで、分解してみていけば結構単純な形態をしているものが多いので、結構描き易い対象ではないでしょうか。

(なので、人間や植物のような複雑な3D立体をありありと描けるのに、メカが難しいという話を聞くと、ちょっと不思議な気もします。)

木漏れ日と水滴

DSC00199-s.jpg

私も涼しそうな写真を…。
YUMEさんの素敵写真もそうですが、水滴には本当に美しさを感じます。
あとスポットライトが当たったような木漏れ日も美しいですね…。

キャラアレンジ1

QENさんのサイトで絶賛連載中の「キャラクターアレンジ講座」
名作キャラから萌えキャラ、リアルキャラはどこがどのように違うのか、元アニメーターのQENさんが名作キャラを自由自在にアレンジしながら紹介しているコーナーです。

顔や横顔から表情、演技の付け方、そして全身のバランスまで、いろいろデフォルメ例と考え方がかかれていて、本当に面白いです。

そこでわたしも早速「課題を提出」(笑)しようと、QENさんの「ツインテールかとりさん」を名作キャラに復元してみて、さらに「風の少女エミリー」風の影を入れてみました。

まずは紙に線画を描いて…。
QEN-charaA-001mono.jpg

それにPhotoshopで彩色してみました。影は「こんにちはアン」レベルの影の付け方です。
QEN-charaA-001A.jpg

で、こちらが今のアニメ風に影+髪にハイライトをつけたもの
QEN-charaA-001.jpg
なんだか劇場版か、エミリー+名作アニメっぽいですね。

影の付け方でもかなり印象が変わってくるのが興味深いです。

ポーマニ やってみました。

YUMEさんにデッサン・クロッキーに良いとBlogで教えていただいた「ポーマニ」
http://www.posemaniacs.com/blog/
早速いくつか描いてみました。

pomani-001.jpg
pomani-002.jpg

これは…自分がいろいろ不足している点を思い知りました…。1時間でこれって少なすぎる!

好きな絵も描きたいので、時間はどうしてもそちらに回さざるを得ませんが、
こういう練習や骨格関係もこまめに+疑問が沸いたらやっていかないといけませんね。

描きたいだけじゃダメなんだ

最近、日々絵を描いていけばいくほど、まだまだ足りないところだらけだとますます痛感するようになってきました。
その中でも特に弱いと思っているのが骨格の自然さ、特に「手・腕」の表情と仕草です。
特に手はかなり難しく、さりげなく描くと、なかなか納得がいくように描くことができません。

この前のセディやマイマイ新子のイラストのような場合は、自分で仕草をやってみて、セルフタイマーのカメラで撮って参考にしているのですが、毎回そんなことをしなくても自然に描ける様になる為には、体の立体構造を根本的に知る必要を感じています。
そこで、実は3ヶ月ほど前から、体の立体構造についてつかもうとデッサンをしています。

sketch-01.jpg

手は自分の左手を、立体構造を意識しながらデッサンしたり、後はフィギュアスケートやノースリーブの広告など、体のラインがわかる写真などを立体を意識しながらデッサンしてみたり…。
そして、デッサンしていると、これまで気がつかなかったことにも気づくようになってきました。

上腕にはふたつの筋肉のでっぱりがあるとか…。
そして、ネットで解剖図を探してみて、それを元に描いてみると、一目瞭然。

sketch-02.jpg

ふたつの出っ張りは上腕と下腕、それぞれの駆動用筋肉だったんですね。
あと、以前から話では知っていましたが、指の筋肉は下腕側に内蔵されていて、そこから腱で指を駆動しているとか、人体の巧妙なメカニズムの奥深さと、その設計の妙に感動しました。

そして、以前から「輪郭」で考えてはダメだ、立体だ立体、と思うようにはしてきましたが、
人体を生き生きと描くには、外形だけでなく立体、それも、円筒近似とかだけでなくその本当の形状を、
そして、さらにもう一歩踏み込んで内部構造を理解することが必要だと痛感しました。

イラストは趣味で、時間も限られているため、ずっとデッサンばかりというわけにはいきませんが、ファンイラストを描いていて「あれ?ここに何か違和感…?」と感じたら、そのつど積極的にその立体と、内部構造を理解していこうと思います。

イラストギャラリーを大改装しました

これまでなかなかこれまで描いたイラストをまとめられなかったのですが、なんとかまとまってきたのでイラストギャラリーをフレーム式のページへ大改装しました。
みなさんサイトをこまめに編集されていてえらいですね。まとめる大変さを思い知りました…。

まだ工事中のところも多いのですが、これからはギャラリーのほうも楽しみにしていただけたらなあと思います。

20100704-YUME-328.png
先日は七夕でしたね。あいにく曇ってしまったところが多かったと思いますが、このような年中行事があると夏なんだなあという実感が持てますね。

このイラストはYUMEさんに教えていただいた、poo板のD値を使った星空の作成法をつかって描いてみました。
それを応用すれば電脳コイル絵も…。
20100710-SIRI-335.png


YUMEさんの講座は「A値40」「オーバーレイでの主線の色変更」など、ちょっと使うだけで見違えるほど絵が良くなるアドバイスばかりで、本当にありがたく思っています。
いまはまだダメダメですが、いつか、YUMEさんやQENさんのように講座が出来るほど上手くなりたいですね。



PS:なんと、だいぶ前に描いた「耳をすませば」のイラストがPixivでルーキーランキング19位に!
http://www.pixiv.net/ranking_rookie.php

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=11779437&c_open=1#one_comment

耳をすませば、やっぱり人気なんですね~。それに、投稿タイミングが大切だということがよくわかりました(笑)
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード