アンとバートのイラストをいただきました!

羽柴光さんから、かわいい「こんにちはアン」の、アンとバートのイラストをいただきました!
hashiba-anne-gifts.jpg
クリックで拡大

エリーザが家を出て行ってしまってから、バートがアンに優しくしてくれる話から アンの嬉しい気持ちを描いてくださったものです!

納屋で横になっているバートのところに飛びつくアン
アン:「おじさんっ!!」
バート:「アン…。」
というワンシーンが動いて見えるようです!

バートの「アン、お前…。」というような表情も、アンの「だいすき!」という無邪気な笑顔や仕草も、本当にかわいくて、見ていて本当にこころがほっこりしてきます。アンの小さな手や、ふわっと広がるエプロンとスカート、そしてそこから見えるように(ですよね?)描いてくださった(^^)ドロワーズのお尻からひざ、そして靴の先っぽまで、どこをとっても本当に命が宿っているようです。

躍動感があるシーンをこんなに自然に描けるのも、さすが羽柴さん!

本サイトの「イラストギャラリー」には、ロゴありとロゴなしの2バージョンを掲載させていただいていますので、そちらも見てくださいね!

今回はすばらしいイラスト、本当にありがとうございました!

最悪のはじまり 「悲劇」なアニメと「しんみり」な原作

こんにちはアン、アンはついに孤児院へ行くことになってしまいました。

トマス家を離れ、ハモンド家でのつらい暮らしの中でなんとか幸せを見つけようとしたアン。しかし、やっと心を通わせられそうになっていたケンドリックを失い、親戚の人たちの子供を適当に分け、アンのことを徹底的に無視する姿に、そしてやっと見つけた「心の中の友」ヴィオレッタにも挨拶できず去らなければならず、アンの心はボロボロでした。

家族のないアンがただひとつ持っているものは、ジョアンナが持たせてくれた鞄だけでした。その鞄に入っているものだけが、アンが生きてきた11年の証だったのです。

しかし、孤児院について早々、アンは「持ち物や思い出の品がある人とない人で不平等があってはならない」という決まりのせいで、ジョアンナが持たせてくれた思い出のかばんは預けなければならなかったのです。アンは泣き叫んで必死でかばんを抱きかかえますが、抵抗むなしくかばんを取り上げられてしまいます。

k-anne-worst01cut-600.jpg




そして、アンが連れて行かれたのは殺風景な鉄の2段ベットが並んだ部屋でした。そこには他の孤児の女の子たちがいて、アンの噂話をしていました。
先生はアンに孤児院の制服に着替えるように言います。アンは他の子の視線を嫌がりますが、みんなここで着替えている、と言われ、あきらめて服を脱ぎました。着替えをじろじろと見られ、着ていた服まで取り上げられ、おまけに赤毛を孤児の女の子たちにからかわれ・・・
k-anne-worst03-cut600.jpg

k-anne-worst02-600.jpg


心を怒りと恨みに満たされたアンは、授業で自己紹介するときに、「どこの誰かもわからない、みすぼらしいあんたたちとは違う」「あんたたちは、知識も想像力もなくて、シェイクスピアが誰かもわからないから、人のことを平気であざ笑うんだわ!私は、ここにいるすべての人を軽蔑するわ!!」

と、とんでもないことを言ってしまい、他の子達とアンの関係は最悪に冷え込んでしまいます。


その夜、アンはプリンスエドワード島の写真だけでも取り戻そうと、倉庫の鍵を開け、かばんの中から写真を抜き出します。しかし、それを同じ部屋の女の子、テッサに見られてしまいます。
テッサは他の子から仲間はずれにされていたので、アンのかばんを持っていけば仲間にしてもらえるかも、と思い、納屋で女の子たちがこっそりロウソクを持ち込んでしていた密会にアンのかばんを持っていきました。
しかし、なんということでしょう。テッサたちはロウソクの火を納屋のわらに移してしまい、火事をおこしてしまいました。

火事が収まると、アンは先生に呼び出され、納屋に行きました。
そこには、アンが大切にしていたブラウニングの詩集やノートが、黒焦げになって散らばっていました。
アンの手の中で、黒焦げになった詩集はばらばらに砕け散りました。呆然とするアン。
しかし、なんと先生や孤児院の職員は、アンの荷物が納屋にあったので、火事はアンが起こしたと思っていたのです・・・。
k-anne-worst04-600.jpg


という展開なのですが・・・
アンがかわいそう過ぎて、見ているのがつらかったです。
特に、ブラウニングの詩集は「金色の泉」でアンが子守をして手に入れたところから、とても思い入れがあったので、最後のシーンはかなりショックでした・・・。


「こんにちはアン」もあと数話、物語がどうなっていくのか、目が離せません。


●原作では?

原作だと火事の話はなくて、私物入れの箱があり、そこにプリンスエドワード島の写真などを入れることができました。ただ、入らないものは処分されています。
そもそも、孤児院の定員はいっぱいで、アンは緊急受け入れ枠を使って入ることになりました。(これは「赤毛のアン」でも出てきているので、アニメ版でも扱ってほしかったですね。)
ちなみに、アンが着た制服というのは孤児院になじめず、食事を取らずに亡くなった子の服でした(--;)
あと、ブラシや櫛、歯ブラシ、あと下着や靴下も支給品で、アンは服を脱いで孤児院の下着とちんちくりんの寝間着を着て寝ました。

そんなこんなで、アンはいろいろ不満ですが、みんなの行動に合わせて行動しながら2ヶ月何事もなくすごしています。その中でエドナと言う子がアンに取り入ってきて、アンはすっかりその気になりますが、実はエドナは影でアンの悪口を言っていたのを知って、アンは気分を悪くする、というお話です。
かなりしんみりとした雰囲気で、孤児院もいろいろ制約は多いもののまんざらでもない雰囲気で、ある意味リアルかもしれません。

アニメの方はクライマックスと言うこともあり、悲劇性で映像やストーリー的に盛り上げるためにこうしたんでしょう。アニメ版も盛り上がるのでこれはこれでいいと思いますが、原作の雰囲気も捨てがたいです。原作の雰囲気で孤児院を描いた方が、ドラマチックではないですが、感情の機微を描く名作らしい(というか、トマス家編の「こんにちはアン」もそんな雰囲気でしたね)かも知れませんね。



ところで、来年の世界名作劇場はどうなるんでしょうか
個人的には、「コゼット」「ポルフィ」「こんにちはアン」のなかでは、昔ながらの「世界名作劇場」の雰囲気(ストーリーも、キャラクターも)がある、「こんにちはアン」が一番好きなので、(というか、「こんにちはアン」は旧作含めた世界名作劇場の中でも同率1位クラスに好きな作品です)来年もぜひこの雰囲気のまま続けてほしいのですが・・・

(というか、あのポルフィが1年(4クール)でこんにちはアンが3クールなんて・・・もう1クール見たかったです(泣))

ニルス原稿おわったーっ!

Soraさんのニルスアンソロジー、少し遅れてしまったのですが、ついにこの前の水曜日に完成しました!
Nills-Sora-ansoro-finish.jpg


最初はだいぶ余裕があるかなあと思っていたのですが、トーン作業があんなに時間がかかるものだとは…漫画を描かれている方を尊敬します。(結局、各話サブキャラ紹介の部分はトーンなしになってしまいました…。)

土日で間に合わなかった分は平日の帰宅後にする予定にしていたのですが、甘かったです。
最近平日は夜11時30分帰宅で、夜1時30分までがんばっても食事とか以外で1時間くらいしか時間が取れず…

そんな感じで大変でしたが、完成したときは本当に嬉しかったです。
そして、アンソロジーを作るためにニルスを見返してみて、改めて「ニルス」はどの話も本当にすばらしいなあと思いました。

漫画をこれまで描いたことがなくて、ペンやトーンの使い方も知らなかった私に、色々な道具やコツを教えてくださったlimさんと羽柴光さん、
そして今回、このような貴重な機会を下さり、原稿が遅れても待ってくださったSoraさん、本当に、本当にありがとうございました!

PS:さあ、今度は羽柴さんのリンク記念イラストやロミオレポ(どちらもどれだけかかっているんだか…)
、それにnoriさんの11周年記念に「こんにちはアン」イラストに…といろいろ思っているのですが、今日はこのblog更新くらいしかできてません。どうもスタミナ切れのようです…。
明日と来週の3連休はがんばるぞー!

「こんにちはアン プレゼントキャンペーン」当たりました!

「こんにちはアン」では、番組中に「こんにちはアン プレゼントキャンペーン」のお知らせをしていましたよね。それで、プレゼントキャンペーンに応募したのですが、先日、「こんにちはアン」のハンカチが当たりました!

こんな袋に入って来ました

k-Anne-goods1.jpg


で、中身はというと…

K-anne-goods2.jpg

こんなかわいいアンのハンカチと、ハウス食品の商品が当たりました!

ただ、実は私「ポルフィの長い旅」のオリジナルタンブラーも当たっているんです。
心を込めてイラスト付はがきにしているから、という理由だったらうれしいのですが、こんなに当たると、「プレゼントキャンペーン」に何人応募しているのかちょっと不安になります。
ハウス食品さん、もし応募は少なくても、「こんにちはアン」のようなすばらしい作品を作っていることはきっと会社のイメージの向上につながってます!だから・・・来年もどうぞ名作を続けていってください!お願いします!!



PS:本編のアンはというと…。
バートや、やっと絆で結ばれかけた子供たちと別れ、ハモンド家での過酷な暮らしの中、やっとケンドリックと心を通わせられると思っていた矢先に…。
(↓描きかけのイラスト)
k-anne-kendric-mono-600.jpg


ケンドリックを失っただけでもつらいのに、親戚の人たちの子供を適当に分け、アンのことを徹底的に無視する姿に、そしてやっと見つけた「心の中の友」ヴィオレッタにも挨拶できずに去らなければならず、精神的に追い詰められていくアンの姿がとてもかわいそうで…。

これまでの名作の物語の中でも一番つらい状況かもしれません。
でも、来週のタイトルは「最悪のはじまり」…。
アンがこれからどうなってしまうのか、クライマックスから目が離せません!

(もう「こんにちはアン」には感動メーターが振り切っている状況なので、レビューしたくてたまらないのですが・・・最近本業が忙しすぎて時間が取れない(;_;)
クリスマスのころにはちょっとなにかまとめてみたいのですが…あと、Soraさんの「ニルス」同人誌、色々あって遅れてますがなんとかがんばりますので!)
プロフィール

ある名作ファン

Author:ある名作ファン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

てろてろ雑記

ミトン絵日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード